12/4(日)放送!『897 Selectors』#48 星加ルミ子

第48回目のselectorは、音楽評論家の星加ルミ子さんです。

1965年の単独取材をはじめ、数回にわたりビートルズの取材を行い「ビートルズに最も近い記者」として知られる星加さん。10月31日に刊行された最新著書「私が会ったビートルズとロック☆スター」では、ビートルズ以外のたくさんのアーティストの取材の舞台裏を綴っています。、、、今回はそのあたりもじっくりと伺います。お楽しみに!


星加ルミ子 プロフィール

1940 年北海道生まれ、東洋女子短期大学英文科卒業後、新興楽譜出版社(現シンコーミュージック・エンタテイメント)に入社。ミュージック・ライフ編集部に配属される。 1964 年、編集長となり、翌 1965 年、日本人ジャーナリストとして初のビートルズの単独独占取材をロンドンで成功させる。その後も数回にわたりビートルズの取材を行い、 1967 年には映画『マジカル・ミステリー・ツアー』の 日本での上映をコーディネイト。ビートルズに最も近い記者として知られようになる。

1975 年、編集長をやめるまでに、毎年イギリス、アメリカで当時のスーパースターともいえるビッグ・アーティストを数多く取材、直接インタビューを行った。退社後は、音楽評論家として、テレビ、ラジオにも数多く出演。今もビートルズの語り部として、全国各地から講演などの依頼が後を絶たない。訳書に「これがビートルズ」「ビートルズ詩集」。著書に「ビートルズとカンパイ」と2016年10月の最新刊「私が会ったビートルズとロック☆スター」(共にシンコーミュージック刊)などがある。