12/25(日)放送!『897 Selectors』#51 上白石萌音

第51回目のselectorは、女優、歌手の上白石萌音さんです。

13才で芸能界入り、16才で映画「舞妓はレディ」に初主演し、新人賞を総なめ。今年は、大ヒット映画「君の名は。」のヒロイン役や映画「溺れるナイフ」にも出演し、現在大注目の女優<上白石萌音>。

10月には、カバーミニアルバム「chouchou」でメジャーデビューし、歌手としてもその才能を余すところなく聞かせてくれています。そんな彼女の音楽ヒストリー。お楽しみに!


上白石萌音 プロフィール

1998年1月27日生まれ、鹿児島出身。13歳で第7回「東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞し芸能界入り。16歳で映画『舞妓はレディ』(東宝・周防正行監督)で初主演を務め、周防監督に認められた歌唱力を惜しみなく披露。初主演での名演を評価され、第38回日本アカデミー賞・新人俳優賞、山路ふみ子新人女優賞を受賞。2014年 日本インターネット映画大賞・ニューフェイスブレイク賞、日本映画ベストインパクト賞、全国映連賞・女優賞と数々の賞を受賞。2015年8月にはミュージカル「赤毛のアン」で主人公アン・シャーリーを演じ、その確かな歌唱力を世に知らしめた。

今年春には映画『ちはやふる』で大江奏役を名演。また、8月に公開され、社会現象となった新海誠監督の長編アニメーション映画『君の名は。』では主演を!秋に公開された映画『溺れるナイフ』へも出演。現在大注目の実力派若手女優。2015年秋からは都内でライブ活動を開始。純朴な容貌・力強い歌声・確かな演技力を持った彼女の伸びやかな歌声と確かな表現力は、聴くものの心を捉えて離さない。

メジャーデビューカバーミニアルバム「chouchou」(読み:シュシュ)

2016年10月5日 Release  (¥1,800 tax in / PCCA-04426)

名作映画の主題歌/挿入歌を集めた上白石萌音のデビューミニアルバム。

往年の名作を、実写・ アニメーション問わず、その映像やシーンが思い浮かぶほどの表現力で歌い上げる珠玉の1枚。上白石萌音の確固たる表現力と優しくも力強い歌声で映画の名シーンが 色鮮やかに蘇る…。


◆収録カバー曲

M1. 366日 (映画「赤い糸」主題歌)

M2. Woman "W の悲劇”より (映画「W の悲劇」主題歌)

M3. 変わらないもの (劇場版アニメーション「時をかける少女」挿入歌)

M4. On My Own (映画「レ・ミゼラブル」劇中歌)

M5. なんでもないや (movie ver.) (映画「君の名は。」主題歌)

M6. SMILE (映画「Modern Times」挿入歌)