2/12(日)放送〜After the Coughbox Off〜#58 土岐麻子

「KKBOX presents 897 selectors」 第58回目の放送はいかがでしたか?

今夜は1月25日にニューアルバム「PINK」をリリースした“Queen of City Pop“、土岐麻子さんをゲストにお迎えしました。ポップスからジャズ、CMソングまで幅広い分野で活躍し、4月からライヴツアーを行なう土岐麻子さん。その音楽体験に加え、City Pop考についても、意義深いお話をうかがいました。


<番組でOAされた楽曲はコチラ!>

M1. ピンク・シャドウ / 山下達郎

M2. AXIA 〜 かなしいことり / 斉藤由貴

M3. 恋のローラースケート / Scanch

M4. Lady Traveler / 土岐英史

M5. 中央フリーウェイ / 荒井由実

M6. エイリアンズ / キリンジ

M7. PINK / 土岐麻子

M8. Valentine / 土岐麻子


▼KKBOXでプレイリストの一部をチェック!▼

土岐麻子が100年後に残したい音楽:897Selectors#58

「KKBOX presents 897 selectors」 #58はニューアルバム「PINK」をリリースした土岐麻子さんをゲストにお迎えしました。ポップスからジャズ、CMソングまで幅広い分野で活躍し、 4月からライヴツアーを行なう土岐麻子さん。その音楽体験に加え、City Pop考についても、意義深いお話をうかがいました。 M1. ピンク・シャドウ / 山下達郎 78年のライヴ盤「It’s A Poppin’ Time」から、ブレッド&バターのカヴァー。当時2歳だった麻子さん、なんと「リアルタイムで聴いていた」そうです。というのも、達郎バンドのメンバーだったお父様のサックス奏者、土岐英史さんに連れられてリハーサルを見ていたから。「この曲の、吉田美奈子さんの “Pink,Pink..”のコーラスを聴いて、世界がピンク色に染まっていく感覚になったことを覚えています」とコメント。まさに音楽体験の原点! ※放送されなかったけどお気に入りの楽曲とコメント ピンク・シャドウ / ブレッド&バター 最初は山下達郎さんのカヴァーで知りましたが、元曲もかっこいい。絵のような歌詞です。 M2.AXIA 〜 かなしいことり / 斉藤由貴 85年のファーストアルバムから。小学生だった麻子さんがテレビの歌番組で出会い「この人だ!」と思ったのが斉藤由貴。最初に聴いた曲は「卒業」で「それまであまり聴いたことのない声で、透明な存在感があって、曲も浮遊感があって、その後に出した曲も全部、好きでした。選んだ曲は当時、カセットテープのCMソングとして流れていて、この曲がかかるとワクワクして、もっと夜更かししたいなと思ったことを覚えています」。 〜音楽活動を始めてから影響を受けた曲〜 M3. 恋のローラースケート / Scanch 92年のサードアルバム「恋の薔薇薔薇殺人事件」から。中学でバンドブームの洗礼を受け、「中高の6年間、スカンチと筋肉少女帯に青春を捧げたと言っても過言ではありません。マインド的に二枚目すぎない、ナルシストすぎない。歌詞にも音の選び方にもどこか自嘲気味のニュアンスがあって」と当時を振り返り、彼らの音楽の影響を受けてバンドを結成。ただしヴォーカルは友人に任せ、ご自身はギターとベースを担当していました。 M4 Lady Traveler / 土岐英史 お父様のサックス奏

KKBOX

<TALK MEMO>

M1. ピンク・シャドウ / 山下達郎

78年のライヴ盤「It’s A Poppin’ Time」から、ブレッド&バターのカヴァー。当時2歳だった麻子さん、なんと「リアルタイムで聴いていた」そうです。というのも、達郎バンドのメンバーだったお父様のサックス奏者、土岐英史さんに連れられてリハーサルを見ていたから。「この曲の、吉田美奈子さんの“Pink, Pink..”のコーラスを聴いて、世界がピンク色に染まっていく感覚になったことを覚えています」とコメント。まさに音楽体験の原点!


M2. AXIA 〜 かなしいことり / 斉藤由貴

85年のファーストアルバムから。小学生だった麻子さんがテレビの歌番組で出会い「この人だ!」と思ったのが斉藤由貴。最初に聴いた曲は「卒業」で「それまであまり聴いたことのない声で、透明な存在感があって、曲も浮遊感があって、その後に出した曲も全部、好きでした。選んだ曲は当時、カセットテープのCMソングとして流れていて、この曲がかかるとワクワクして、もっと夜更かししたいなと思ったことを覚えています」。


〜音楽活動を始めてから影響を受けた曲〜

M3. 恋のローラースケート / Scanch

92年のサードアルバム「恋の薔薇薔薇殺人事件」から。中学でバンドブームの洗礼を受け、「中高の6年間、スカンチと筋肉少女帯に青春を捧げたと言っても過言ではありません。マインド的に二枚目すぎない、ナルシストすぎない。歌詞にも音の選び方にもどこか自嘲気味のニュアンスがあって」と当時を振り返り、彼らの音楽の影響を受けてバンドを結成。ただしヴォーカルは友人に任せ、ご自身はギターとベースを担当していました。


M4. Lady Traveler / 土岐英史

お父様のサックス奏者、土岐英史さんの2011年のアルバム「6/6」から。「音楽を始めた頃から父にはいろんな質問をして、アドバイスを受けてきました。歌うにあたって、楽器のように歌えたらいいなという思いがあり、父のサックスの音色が好きだったのですが、父に聞いたら彼も、青春時代に好きだったマーヴィン・ゲイの歌声のように楽器の音を出したいと思っていたんだそうです。”声の影響を受けたサックス” の影響を受けたのが私の声、ということになります」。この曲はお父様のオリジナル。後に麻子さんは歌詞をつけてカヴァーしました。


〜100年後も誰かの心に残っていて欲しい

M5. 中央フリーウェイ / 荒井由実

「100年後って考えたときに、この曲って76年当時の東京の風景が描かれていて、その景色を思い浮かべながら、ユーミンにバスガイドのようにガイドされながら聴き進められる」というのが選曲のポイント。さらにご自身の音楽にも触れながら、次のようにコメントしました。

「私も街で生きている者として、自分が作る曲の中に街の風景を閉じこめたいと思っています」。


M6. エイリアンズ / キリンジ

2000年の「3」から。「いい曲を書いたな〜、堀込泰行くん。こんな曲を一生に一回でも書けたら、私は他に何も出来なくてもいいと思えるほどの曲です。この曲を聴くと、郊外の風景を思い出すんですよね。”公団の屋根の上” とか。この景色も残したい」。


〜放送されなかったけど、お気に入りの楽曲とコメント〜

M ピンク・シャドウ / ブレッド&バター

最初は山下達郎さんのカヴァーで知りましたが、元曲もかっこいい。絵のような歌詞です。


M チャイニーズ・スープ / 吉田美奈子

松任谷由実さんのカヴァーです。二人とも大好きなシンガーです。


〜現在の土岐麻子〜

M7. PINK / 土岐麻子
M8. Valentine / 土岐麻子

トオミヨウをサウンドロデューサーに迎えたニューアルバム「PINK」から2曲。麻子さんは制作にあたり、長年思っていたテーマ「City Popってなんだっけ」を追ってみようと考えました。City Popをリアルタイムでずっと聴いてきた彼女だからこそ、典型的なCity Popのサウンドを踏襲するのではなく、「街の風景、街の顔をパッケージする音楽。それをやるには尖ったこと、チャレンジが必要だと思います。今、見ている街の景色、感覚、現実感を閉じこめたかった」とコメントしました。


〜土岐麻子インフォメーション〜

[CD+DVD] PINK

2017-01-25 release

RZCD-86245/B ¥4,860(税込)

<CD>

01 City Lights 作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ

02 PINK 作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ

03 Valentine 作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ

04 Fancy Time 作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ

05 脂肪 作詞:土岐麻子/作曲:G.RINA

06 Rain Dancer 作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ

07 Blue Moon 作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ

08 Fried Noodles 作詞:土岐麻子/作曲:G.RINA

09 SPUR 作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ

10 Peppermint Town 作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ

<DVD>

ライブ映像「TOKI ASAKO LIVE TOUR 2015 "Bittersweet"~子曰、四十而不惑。麻子曰、惑うなら今だし。~」

10月31日(土)東京・日本橋三井ホールで行われたツアー・ファイナル公演DVD化。

メイキング映像:アルバム『PINK』レコーディング&ジャケット撮影風景を収録。


[CDアルバム] PINK

2017-01-25

RZCD-86246 ¥3,132(税込)


TOKI ASAKO LIVE TOUR 2017 "POP UP PINK!"

2017/4/22(土)EX THEATER ROPPONGI

開場16:30/開演17:30

Info:ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999 (平日12:00~18:00)

http://www.tokiasako.com/live/detail.php?id=1049839


土岐麻子オフィシャルサイト

http://www.tokiasako.com/