3/27(日)放送 ~After the Coughbox Off~ #12 Chocolat & Akito

「KKBOX presents 897 Selectors」第12回目の放送はいかがでしたか?

GREAT3の片寄明人とChocolatによる夫婦デュオChocolat & Akitoに選曲して頂きました。

仕事でもプライベートでも大切なパートナーである2人。片寄さんの膨大な

音楽ライブラリーの知識をChocolatさんに注いでいる姿が印象的でしたね。

ニューアルバムを引っさげてのツアーも楽しみです!


<番組でOAされた楽曲はコチラ!>

曲名 / アーティスト名

M1. Drive My Car / The Beatles

M2. No Action / Elvis Costello & The Attractions

M3. It Wouldn’t Have Made Any Difference / Todd Rundgren

M4. A Woman Needs Love / Ray Parker Jr.

M5. A Love Supreme : Part 1 Acknowledgement / John Coltrane

M6. Surf’s Up / The Beach Boys

M7. Everlasting Mind / Chocolat & Akito meets The Mattson 2

M8. Sakura / Chocolat & Akito meets The Mattson 2


↓↓ KKBOXでプレイリストの一部をチェック! ↓↓

【TALK MEMO】

〜若いころに好きだった曲〜

M1. Drive My Car / The Beatles

⇒Chocolatさん選曲。中学3年生の頃に、読んでいた少女マンガを

 きっかけにビートルズと出会う。双子の妹とお小遣いを出し合って、

 初めて買ったCDがビートルズだったとのこと。

M2. No Action / Elvis Costello & The Attractions

⇒片寄さん選曲。昔、図書館に行ってはカセットテープを借りて

 音楽探求をしていたという片寄さん。とりわけ50年代のロックに興味を持ち、

 ある日、従兄弟に「エルヴィス・プレスリーを借りてきて」と

 お願いしたところ手元に届いたのが「エルビス・コステロ」だった。

 しょうがなく聴いてみたら、とてもポップかつ今までにないスピード感で、

 生まれて初めてのパンク・ニューウェイブを体験した瞬間だった。


〜音楽活動に影響を与えた楽曲〜

M3. It Wouldn’t Have Made Any Difference / Todd Rundgren

⇒Chocolatさん選曲。19歳でデビューした時から片寄さんと同居を始める。

 片寄さんはChocolatさんにたくさんの音楽を教えた。

 その中で一番ツボに入ったのがトッド・ラングレンで、

 「彼のメロディーやコード進行が好き」と語った。

 Chocolat & Akitoを結成後、Chocolatさんは初めて作曲に挑むのだが、

 彼のコード進行などの影響をとても受けたとのこと。

M4. A Woman Needs Love / Ray Parker Jr.

⇒片寄さん選曲。高校時代はパンク・ニューウェイブに傾倒していたが、

 その一方でトッド・ラングレンなども好きだった片寄さん。

 大学生で初めてバンドを組んだ時に、自分の歌声が思った以上に

 甘いことに気づき、"パンク"の精神で"メロウでソウル"な要素を歌う

 GREAT3が誕生した。スウィート・ソウルやAORも好んで聴くうちに、

 Ray Parker Jr.に出会う。彼はバリー・ホワイトやスティーヴィー・ワンダーの

 バッグでギターを弾く"世界最高峰のリズム・ギタリスト"と称されながら、

 ソロ作品でもシンプルなコード進行でいい曲を書くなど、

 片寄さんは「一番AORっぽい」と語った。


〜100年後も誰かの心に残っていてほしい曲〜

M5. A Love Supreme : Part 1 Acknowledgement / John Coltrane

⇒Chocolatさん選曲。第一声で「これしかない!」と語った。

 最近この曲に出会い、音の厚みや忘れられないフレーズが次々と

 出てくることに驚いたという。「すぐに覚えて歌えちゃいそう」と

 Chocolatさんは語る一方で、片寄さんは「高校の時に聴いた時は、

 難解な曲だな〜と思った。」と話し夫婦で第一印象が異なった。

 最近、Chocolatさんは家でこの曲ばっかりを聴いていたとのこと。

M6. Surf’s Up / The Beach Boys

⇒片寄さん選曲。この曲との出会いは14歳。

 中期以降のビーチ・ボーイズは、もはやアートの域であり、

 この曲は"ポップソングの枠を越えた曲"と評した。

 まるで素晴らしい美術作品に触れた時と同じような感動があり、

 John Coltraneと同じくスピリチュアルな要素があるため、

 100年後も残っているだろうと片寄さんは語った。


〜現在のChocolat & Akito・・・〜

M7. Everlasting Mind / Chocolat & Akito meets The Mattson 2
M8. Sakura / Chocolat & Akito meets The Mattson 2

⇒カリフォルニアの双子サーフ・ジャズ・デュオ、ザ・マットソン2と共作により完成

 させた約3年半ぶりのニュー・アルバム『Chocolat & Akito meets The Mattson 2』。

 片寄さんは「ストーリーのある1本の映画のような深い味わい、ドリーミーな音の

 世界を詰め込めた。アルバムを通して楽しんで欲しい」と最後に語った。


【RELEASE INFO.】

『Chocolat & Akito meets The Mattson 2』

2016.3.2 RELEASE!!

<TRACKS>

1. Graveyard Has No Color

2. Nothing to Fear

3. Sakura

4. Everlasting Mind

5. Earland

6. Velvet in Room

7. Baby Blue

8. I Love You

9. Temptation


【LIVE INFO.】

The Mattson 2が来日してのアルバム・リリースツアーが決定!

<東京公演>

6/2(木) 原宿アストロホール

開場 18:30 / 開演 19:30

前売¥3,800 当日¥4,200(ドリンク別)

予約・お問い合わせ:アストロホール 03-3402-3089(12:00〜20:00 )

*3/15(火) 〜 4/3(日) までアストロホールのウェブサイトにて先行予約受付!


【PROFILE】

ショコラと片寄明人(GREAT3)によって2005年に結成された夫婦デュオ。

一糸乱れぬハーモニーと胸をしめつける美しい旋律で、明と暗、清濁併せ呑んだ詩世界を

歌い、同年に「Chocolat & Akito」でデビュー。2007年に2nd「Tropical」、

2012年には3rdアルバム「Duet」を発表。

2016年3月には、カリフォルニアのThe Mattson 2と共演し、

Tortoiseのジョン・マッケンタイアがMIXを手がけた4thアルバム

「Chocolat & Akito meets The Mattson 2」をRallye Labelよりリリースした。

5月末からThe Mattson 2が来日しての全国リリースツアーも予定されている。


【WEBSITE】

http://chocolatandakito-mattson2.strikingly.com/


【Facebook】

https://www.facebook.com/ChocolatAkito